Matabei Gotoh

「後藤又兵衛基次」 は何歳で討ち死にした?

 豪傑「後藤又兵衛基次」 について、いろいろと調べていく内にある疑問につきあたった。
それは、いったいこのおっさん本当は幾つで死んだのやろ?ということであった。
 驚くことに彼は7回も死んでいるのである。

43歳死去 「姓氏家系大辞典」
45歳死去 「播州歴史散歩」
46歳死去 「豹皮録」「真書太閤記」「山田村史」等
52歳死去 「後藤琢三系図」
53歳死去 多聞寺位牌、「後藤系」
56歳死去 「後藤又兵衛尉政次伝」「大日本史」「日本歴史大辞典」等
60歳死去 「長沢聞書」「武蔵・又兵衛」

 この内で最も有力な説は、56歳死去説であるそうだ。
内閣文庫本「後藤又兵衛尉政次伝」に「永禄三年庚申四月十日」とある。
 しかし従来の諸説中最も多いのは46歳死去説だそうだ。
当時は数え年の計算なので45歳死去説も同様であろう。
しかしこの説は、後藤又兵衛が南山田城主であったという史実からみると、若すぎるそうである。
 52歳死去と53歳死去説は、三男佐太郎の記憶違いに起因するそうだ。
 また60歳死去説は、子供から逆算して親の年齢を推定しようとして、誤ったものだそうだ。
 まあ当時は人生五〇年である。50歳より早く死んでは、少々かわいそうであるし、
また軍師職とはいえ、60歳で現役というのでは、当時としてはいささか老人かも知れない。

道明時の合戦

中央やや左の騎馬武者が「後藤又兵衛」
右の二人は山田十朗兵衛と菅沼七朗右衛門。


ホームページへ戻る!