Josui Simeon

 後藤又兵衛はクリスチャンであったのか?

 後藤又兵衛を我が子同様に可愛がった、黒田如水がクリスチャン(キリシタン) であったことは、間違いのないことであろう。
 しかしもともと如水とは、前非を悔い、改悛したときに出家した法号である。
 外国の方には納得できないかもしれないが、当時のキリシタン大名の宗教観からみても、一方では仏教徒であり、また一方では熱心なキリシタンであった者が少なくなかったようである。
 如水のクリスチャンネームはドン・シメオンといったようである。
 これらのことは、イエズス会のルイス・フロイスの書簡等や小西行長の遺臣をかくまったり、キリシタンが迫害されたときに、その保護に動いたことからみても間違いのないことであろう。
 当然又兵衛と兄弟のように育った如水の子、長政もキリシタンであったそうだ。  以上のことから、後藤又兵衛がキリシタンの影響を受けたことは、かなりの確率で高かったことであろう。
 しかし正真正銘キリシタンであった、という事実はいまのところわかっていない。
 私ごとであるが、これも因果かどうかわからないが、又兵衛の子孫である私も幼少のころ教会へ通っていたものである。しかしクリスチャンではない。また仏教徒とも言いかねるようである。又兵衛も似たようなものではなかったろうか。


Back to the First Page!