企画展 富士見の里 昔の前津
―江戸から昭和―

平成18年5月27日[土]−6月25日[日]

 

富嶽三十六景 尾州不二見原
富嶽三十六景 尾州不二見原

 

豊楽焼 手焙
豊楽焼 手焙

 

ボリビアの風呂敷
明治45年の小学4年生

 

名古屋市中区上前津周辺は、江戸時代は、現在のオフィスビルやマンションが林立する景観からは想像もできないほど風光明媚な所でした。葛飾北斎が描いた富嶽三十六景の「尾州不二見原」も前津にありました。この眺望のよい地には、武士の別荘が点在し、また画家や陶工など様々な人々が住んでいました。
このたびの展覧会では、江戸時代の前津の姿と、この地で暮らした人々の様々な営み、さらに明治期から昭和にかけての発展の様子を紹介します。

展示内容

一前津はどんなところ?

前津は城下町の南端に隣接する広大な地域で、江戸時代は前津小林村と呼ばれていました。周辺には万松寺をはじめとする寺院が建ち並び、また村の南には富士山が見えたとされるほど眺望のよい富士見原もありました。
富嶽三十六景 尾州不二見原
(日本浮世絵博物館蔵)
富士見原真景之図
(鶴舞中央図書館蔵)
などによって、江戸時代の前津を紹介します。

二前津の住人

前津は江戸時代までは、人家もまばらな閑静な所でしたので、隠棲には絶好の地でした。剣術家柳生連也(一六二五―九七)や俳人横井也有(一七〇二―八三)、画家の張月樵(一七七二―一八三二)らがこの地で一時期を過ごしました。
柳生連也門人名氏録
横井也有画像 (館蔵)
月樵筆 春秋山水図衝立
(名古屋別院蔵)などによって、彼らの人となりや、作品を紹介します。

三豊楽焼と不二見焼

前津では陶器製造も行われていました。江戸時代中期から大正期にかけてこの地で焼かれた豊楽焼と、明治期に元武士が始めた不二見焼を紹介します。
豊楽焼 手焙 (館蔵)
不二見焼 富士山形鍋 (館蔵)

四前津の発展

明治期から昭和にかけて、前津は飛躍的に発展しました。菊人形を展観する黄花園や広大な庭園を擁する東陽館など、人々が集う場が出来、また人家も増えました。 名古屋東陽館図 (館蔵)
黄花園絵葉書
明治四五年の小学四年生写真
(名古屋市立橘小学校蔵)
大池周辺写真
などによって、明治期以降の前津を紹介します。

会期 五月二七日(土)〜 六月二五日(日)
休館日 毎月曜日
観覧料 一般 三〇〇(四〇〇)円
高大生 二〇〇(三〇〇)円
小中生 無料
名古屋市在住の六五歳以上の方 は、一〇〇(二〇〇)円(要敬老 手帳等)。
( )内は常設展との共通観覧料 金。
展示説明会 六月四日(日) 午後二 時から 先着一二〇名 一階展示 説明室 当館学芸員 聴講無料

 
*
名古屋市博物館のオフィシャルホームページは、名古屋市博物館によって管理・運営されています。
本ページの内容を無断で複製・改変等することは固くお断りいたします。
Copyright (C) 2000 Nagoya City Museum. All Rights Reserved.
Created by MMS-NET